​HOME > 3Dスキャナー > レンタル

ディプロスは3Dスキャナーのレンタルサービスを行っています。
お客様の実現されたいことをヒアリングし、
対象物を効率よくスキャンできるベストな機器を提案します。

固定式の3Dスキャナーを使えば、工業製品や小さな文化財、人体など、1m以内の対象物を撮影することができます。
一般的には固定式はカメラが内蔵されているものが多く、スキャンできる範囲は限定的なものが多いですが、HDI Advance ならカメラの対角を変更することでを効率よくスキャンすることが可能です。

HDI Advance よりもさらに大きなものを3Dスキャンしたい場合は、ハンディ式がお勧めです。
F5-Bは最大3m平方の被写界視野を1秒間に最大75cm動かすことによって、驚異的なスピードで対象物を撮影することができます。
車の外装やヘリコプター、大型設備などを素早くデータ化することが可能になります。

広範囲の3Dスキャンに向いているのが中距離式のレーザースキャナーです。
100mを超える範囲を数分程度で撮影し、カラー点群データとして出力することが可能にです。
建築土木現場や工場全体を効率よく3Dスキャンすることが可能です。また固定式やハンディ式と違い、直射日光の影響を受けないため、屋外で使用することが可能です。

 レンタル機器選定

測定対象物の大きさによってタイプを選択できます。小さなものをスキャンする場合は「HDI Adcance」

大きなものをスキャンする場合は「F5-B」、地形や工場、大型設備をスキャンする場合は「Focus3D」がお勧めです。

 HDI Advance R3

HDI Advance R3は、カメラの位置を変更することでスキャン範囲を

柔軟に設定することができるため、コインのような小さなものから

上半身ほどの大きさのものまでを精度良くスキャンすることが可能です。

カラーのカメラユニットを搭載しているため、テクスチャーデータの

取得も可能となっています。スキャンデータをデザイン検討や、

CGで活用されたい方にも適したスキャナーとなっています。

 F5-B

ハンディスキャナーのF5-Bは、構造建築物から機械製品、

人体といったあらゆるものをスキャンすることができます。

1秒間に10フレームの撮影を行うため、短時間でスキャンデータを

取得することができ、現場での測定時間も大幅に削減できます。

自動車の車体、航空機、設備や工場内などを短時間で

​3Dデータ化いたします。

 Focus3D

Focus3Dは建物などを正確に短時間で測定するのに最適な、
中距離用のハイスピード3Dスキャナーです。
構造変形や、室内調査・遺跡調査・橋梁調査など、計測データを
画像処理し、路面の輪立掘の現状、断面をトレースすることができます。


太陽光の影響を受けないため、最大120mまで届く測定レンジを生かして、屋外撮影を行うことが可能です。

さらに、防塵・防水設計のため過酷な環境でも対応いたします。
 

 レンタル費用
 お問合せ内容をご記入ください

​後ほど担当者よりご連絡させていただきます。

機器製品名:HDI Advance、HDI120、 F5-B SR、F5-B LR、PocketScan3D、Artec Eva、Raise3D

ソフトウェア名:Rhinoceros、Mesh2Surface、RhinoResurf、Grasshopper、Geomagic DesignX

クリエイティブフィールドの、企業とヒトをコンサルティングサポートいたします。

  • Facebook Social Icon
  • Blogger Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon