​HOME > 3Dスキャナ > F5-Bシリーズ
F5-B シリーズ
広範囲を圧倒的なスピードでスキャニング
 
 業界最速ハンディスキャナー

 イスラエルのMantisVision社は3Dスキャン市場において、他の測定方法より数百倍多くの点の位置識別を可能にする独自のパターンの生成方法を開発しました。

特許を取得している赤外線のIRコードパターンを可視カメラと組み合わせ、業界最速のスキャン速度を実現し、撮影レンジはハンディスキャナの中でも最大の4mの長距離を誇ります。

 

 高速スキャンで現場作業の負担軽減
1秒間に10フレームの撮影を行うため、短時間でスキャンデータを取得することができます。
現場での測定時間も大幅に削減できます。
 自由な撮影対象
スキャナを素早く色々な方向に動かし長距離にて撮影できるので、
構造建築物から機械製品、人体といったあらゆるものをスキャンすることができます。
 赤外線レーザーで暗所でも計測可能
パターン照射に赤外線を使用しているため、あらゆる照明条件下でもスキャンが可能です。
暗い場所でも作業できるため幅広い環境で活躍できます。 
 タブレット対応でコンパクトかつ軽量
スキャナーとタブレットPCをUSB接続で使用できるため持ち運びしやすく、狭小な場所にあるオブジェクトも
スキャンすることができます。
 詳細部スキャンでデータの補完
スキャンした点群データは他の3次元測定器で取得した点群データと合成することが可能なため、
構造物や設備を計測するのに最適です。

Mantisvision F5-Bシリーズ 紹介動画

※動画での使用機器は旧式のF5-Aタイプです。

現行のF5-Bタイプにはスキャナに接続された

ハンドヘルトは付属していません。

 
 
 こんな課題をもったお客様におすすめ
現場でのスキャン作業をすばやく終えたい
足場が悪い工場内などを遠方からスキャンしたい
暗闇など
暗い環境下でスキャンしなければいけない
 
F5シリーズ活用事例
自動車メーカー様での活用例
寸法の測れない形状を正確に記録

自動車の設計・デザインの出発点は、リバースエンジニアリングと言われる既存の製品を分析して再現するところから始まります。競合製品の分析を行ったり、既存製品の形状や取付位置をスキャンしてアフターパーツの開発に使用することが可能です。また衝突試験での変形やひずみ計測にも活用されています。手軽に持ち運びが出来るため、工場のどのエリアでも測定できるといった強みがあります。

航空機・船体メーカー様での活用例
大型機体の実寸データを手早く取得

航空産業や造船業は他の産業と比較すると格段に製品のサイズが大きくなります。一般的にハンディスキャナーの測定レンジは0.3mから1m程であり、数十メートルもある航空機や船体の測定やメンテナンスには向いていません。F5-B LRハンディスキャナーであれば測定レンジが4mあるため、大型部品の検査や数十メートルの機体や船体も素早くスキャン、測定することが可能です。
スペアの部品や付属品を開発する際に既存の部品をデータ化しておくことは非常に有効です。

プラント・設備メーカー様での活用例
現場合わせの配管や設備を細部までCAD化

既存の設備の改修や新たに設備のレイアウト変更などを行う際に、現状の設備や付属される配管などを3Dデータ化することによってCAD上での干渉チェックや新設する配管の取り回しなどの検討が可能になります。
赤外線レーザーを使用したハンディスキャナーになりますので、暗所での計測や狭い箇所の計測、据え置き型のスキャナが設置できないような過酷な現場でも問題なく計測することができます。またロングレンジ測定器で計測しきれなかった部分のデータ補完にも活用されています。

 
スキャンサンプル
F5-Bシリーズ
エンジンルームプラント
ガスタービン

平素よりディプロス「3D3 Solutions」の WEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

この度、 WEBサイトを下記に移転することとなりました。

これまでより、より多くの情報を掲載し、セミナーやトレーニングもお申込みいただけるようになっております。

クリエイティブフィールドの、企業とヒトをコンサルティングサポートいたします。

  • Facebook Social Icon
  • Blogger Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon