​HOME > 制作請負 > VR・デジタルモック

従来試作品で確認していた工程をデジタルで行える時代となりました。

ディプロスではデジタル空間上でモックアップ(プロトタイプ)を制作し、大型ディスプレイで原寸確認する為の技術開発にいち早く取り組んでおり、現在では製品開発をされる多くのお客様から製品再現品質の高さに評価をいただいております。

さらに、品質の高いデジタルモックをVRゴーグルと組み合わせることにより、より現物に近い検証を行えます。

試作品を作るよりリードタイムが短いケースが多く、商品のコンセプトに合わせた検証ができるのが特徴です。
 

  • 360度ビュー

  • ​超高品質レンダリング

  • 電飾演出

  • 環境光設定

  • 駆動アニメーション

  • パーツのカラー変更、素材変更、

  • パーツモデル変更

 等を大型液晶でリアルタイムレンダリング表示させます。

 

超高品質のレンダリング画像を使い、リアルタイムにデザインやカラーパターンの変更を行えます、またVRゴーグルを必要としないため複数人でのデザインの検証の他、開発プロジェクトメンバー間での情報共有社内外のレビュー等で大変効果を発揮します。

またマウス一つで操作できる簡単な操作性なのでプレゼンでも活躍します

  • 原寸での確認

  • 電飾演出

  • 環境光設定

  • 駆動アニメーション

  • パーツのカラー変更、素材変更

  • パーツモデル変更

  • ​ボタン等の操作性・作業性確認

 等をVRゴーグル(HMD)をつけた状態で行います。


大型家電~自動車等、対象物のサイズが上半身以上のサイズの場合に特に効果を発揮します。
対象物の
設置環境操作性の確認などを行うことができます。

製品開発の現場において主に意匠面の検証に活用されており、単体での検証、もしくは空間との調和を含めた検証によく利用されます。


製品が使用される環境を再現することにより、環境によるデザイン変化の検証(光や映り込みによる変化)、カラーパターンの検証など、従来は高額な試作品を作るまで検証出来なかった項目をデジタル空間上で確認できます。

モデルデータを複数用意しておけば同環境でどの形状が一番美しく見えるのか、どのカラーパターンが良いのかを手軽に確認することができ設計や試作のやり直しを大幅に減らします

製品開発に利用している業界例
自動車関連、遊技機、住宅設備、生活雑貨、医療機器、家電、化粧品 等

 

お見積りやVRのデモ等 お気軽にお問合せください。

 

052-857-0120 

ディプロス株式会社 

       エンジニアリング事業部 担当 清水

 

平素よりディプロス「3D3 Solutions」の WEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

この度、 WEBサイトを下記に移転することとなりました。

これまでより、より多くの情報を掲載し、セミナーやトレーニングもお申込みいただけるようになっております。

クリエイティブフィールドの、企業とヒトをコンサルティングサポートいたします。

  • Facebook Social Icon
  • Blogger Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon